電話する

地図

問い合わせ

メニュー
ヘッダーオファー

ALL ON 4(オールオンフォー)

総入れ歯の方にはオールオンフォー治療法

入れ歯よりもよく噛める

インプラントロケーター

画像のタイトル

インプラントの上部構造に入れ歯を使う場合に、
入れ歯とインプラントをボタンのような留め具で固定します。
この部分をロケーターアバットメントといいます。
この上にオールオンフォーなどを取りつけることができます。

ALL ON 4(オールオンフォー)

画像のタイトル

通常、片顎(下顎または上顎のどちらか)の
すべての歯をセラミックなどの人工歯で補う場合は
10~14本のインプラントが必要です。
オールオンフォーなら4本のインプラントで人工歯を固定できます。

インプラントオーバーレイデンチャー

画像のタイトル
インプラントを支えにして固定する入れ歯のことです。
片顎につき2~6本のインプラントで総入れ歯や部分入れ歯を支えます。
通常の入れ歯よりもよく噛めるうえ、インプラント体の埋入本数も少なくて済みます。
「マグネティックマレット」にも対応。

通常、インプラント埋入手術ではドリルで穴を開けます。

画像のタイトル
しかし上顎のやわらかい骨に対しては骨をハンマーでたたく方法しかありませんでした。
これは手作業だと方向性や力加減を保つことが難しい方法です。
一方、マグネティックマレットはフットペダルで操作できるので、両手で器具の操作ができます。

「マグネティックマレット」でのインプラント手術のメリット

  • ドリルで穴を開ける方法にくらべ、隣の歯などの損傷リスクが少ない手術ができます。
  • 無注水で窩洞形成ができるので、患者さんへのストレスが少なく、術者の視野確保ができるので手術のストレスを軽減できます。
  • 骨が少ない場合でも骨移植などの処置なしでインプラントの埋入が可能になることがあります。
  • 骨を圧縮して広げるので、インプラントの初期固定が強固になります。
  • 操作が簡単で効率のよい作業ができるので手術が効率的に行えます。

こんな方にお勧めです

  • 総入れ歯で苦労されている方
  • インプラントを植えるには、骨の量が少なく、骨造成をしないとできないといわれた方。
    またはそもそもインプラント手術ができないと言われた方。
  • 全額的に重度の歯周病におかされ、抜歯をしなければいけない方。
    またはすでに数本の歯しか残っていない方。

※ 歯茎と顎の状態によりできない場合もございます。
インプラント手術の適応かどうかは、十分な相談と検査が必要になります。

診療スケジュール

当院へのお電話からの問い合わせは072-673-4483へ

診療時間
10:00~13:00
14:00~18:00
/
/
休診日 / 月・日・祝日
ご予約・お問い合わせはこちら
ほほえみ歯科デンタルクリニックの外観
フッターオファー
© 2018 大阪府高槻市・大阪市の歯医者:医療法人百花繚乱 インプラント総合サイト